有料会員限定

日本が「経済計画」の仕組みを再整備すべき理由 かつて日本には「経済審議会」という組織があった

✎ 1〜 ✎ 394 ✎ 395 ✎ 396 ✎ 最新
拡大
縮小
報告書を提出する豊田会長。経済審議会が報告
経済審議会が答申した経済計画はそのまま閣議決定された(写真・共同通信)

日本にはかつて経済審議会という組織があり、経済計画という仕組みがあった。

経済審議会は、学界、産業界、労働組合、消費者団体、マスコミ、官僚OBなど各界の有識者からなる首相の諮問機関だった。4〜5年ごとに中長期的な経済運営の指針として経済計画を作成していた。経済審議会が答申した経済計画は、そのまま閣議決定され、政府の経済運営の指針となった。

しかし、両者とも2001年の省庁再編で姿を消した。「審議会は政府の隠れみのだ」「政策は政治主導で」「市場経済の下で計画は必要ない」といった批判が強まったからだ。ただ、振り返ってみると、この経済審議会が経済計画を策定するという仕組みには次のような重要な役割があった。

次ページ経済審議会の3つ目の重要な役割は
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内