協和エクシオの震災被害は限定的【震災関連速報】

協和エクシオの震災被害は限定的【震災関連速報】

通信工事会社大手の協和エクシオの東日本大震災に伴う設備破損などの物理的損害は、限定的になる見込みだ。ただ、期末に完工を予定していた一部工事が来2012年3月期への期ずれが発生する可能性がある。

当社は全国に施工拠点を有し、特に東北地方は子会社の大和電設工業が事業展開を担っている。各地の事務所などへの被害は大きくないもようで、人的な被害も出ていない。

ただ、期末に完工が集中する業界の特性上、来期への完工持ち越しの案件が数十億円レベルで発生しそうだ。現在は電柱や携帯電話基地局など、顧客である通信事業者の設備について故障が生じていないか、点検作業を始めている。

詳細な規模は不明のため、東洋経済は現時点で業績予想を公表しない。来12年3月期は倒壊した通信設備の復興需要などが出てくるものとみられる。具体的な業績への影響度合いに関しては、今後の動向を見極めたい。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT