NTTデータが地銀システム「大同団結」を狙う真意 大胆構想をぶち上げた背景をキーマンに直撃

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小

4割の地銀が勘定系システムを共同化する未来は訪れるか。NTTデータが掲げた「統合バンキングクラウド」構想のキーマンに聞いた。

地銀向けの勘定系システムをめぐってNTTデータが発表した構想に、銀行やIT業界からは驚きの声が上がっている(記者撮影)

特集「地銀システム動乱」の他の記事を読む

国内の約半数の地銀が、1つの勘定系システムを利用する――。そんな大胆な計画が飛び出した。
2022年11月にNTTデータが発表した「統合バンキングクラウド」構想だ。現在同社が地銀向けに展開する4種類の勘定系システムはメインフレームを基盤としているが、これを1つのクラウドに集約する。地銀は自前で大型設備を持つ必要がなくなるうえ、スケールメリットも働き運用コストの削減が期待できる。
NTTデータの悲願だった「大同団結」。その狙いについて、同社で長年にわたり金融機関のシステム運用を担ってきた鈴木正範常務執行役員に聞いた。

統合実現見据え、思い切って発表した

――統合バンキングクラウド構想に対して、銀行やIT業界から驚きの声が上がっています。

正式発表以前から、水面下ではいくつかの地銀に内容を伝えて感触を探っていた。いずれも前向きな反応を得られたが、4つのシステムの参加行は約40行もある。本当に統合を実現するなら、すべての地銀に同じ方向を向いてもらう必要がある。

ならば当社の考えを公にしたほうがいいと判断し、思い切って発表した。

次ページ一大バンキングクラウドができる
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内