日本人も驚く「日本代表」カタールでの大人気ぶり クロアチア戦勝利だけでなく、その先の期待も

拡大
縮小
サッカー日本代表
ドイツに続き、スペインにも勝利した日本代表への期待値はうなぎ登りとなっている(写真:アフロ)

日本代表は再び、歴史を塗り替えることができるでしょうか。

いよいよ今夜、サッカー日本代表はカタールW杯の決勝トーナメント1回戦で、クロアチア代表と対決します。試合をめぐってはさまざまな観測や予想が出ていますが、本記事では日本が歴史的勝利を収め、1位でグループリーグ通過を決めた日本対スペイン戦を振り返りながら、日本の報道だけでは伝わらない、スタジアムの雰囲気や現地の人々の反応などをお伝えできればと思います。

数分歩くだけで各国メディアから声がかかる

何を隠そう筆者は幸運にも勝利の瞬間を、現地カタールの、それもハリファ国際スタジアムのスタンドの日本代表サポーターの一員として迎えることができました。まさか自分が歴史の目撃者になるとは思っていませんでした。

2022年11月30日の夜、僕は仕事帰りにそのまま成田国際空港からカタール航空QR807便に乗り、決戦の地カタールを目指しました。スペイン戦に間に合う最後の直行便ということもあって、急遽現地入りを決めた日本代表ユニフォームを着たサポーターばかりかと思いきや、敗戦を喫した第2戦のコスタリカ戦の影響もあってか、日本人サポーターより、圧倒的に海外旅行で日本を訪れた外国の方が多い印象です。サッカーのユニフォームを着ているサポーターはほぼ見かけませんでした。そして飛行機は、スペイン戦のキックオフ17時間前の現地時間12月1日午前5時に到着。

まず、サポーターが集まる街の中心スーク・ワキーフ(市場)へ向かうと、そこは自国の代表のユニフォームや人気サッカークラブのユニフォームを着たサポーターでいっぱいです。僕も早速日本代表ユニフォームに着替えました。

すると、市場をほんの数分歩いただけで数々のメディアから今夜の試合の予想や意気込みを聞かれます。それも日本のTV局だけではありません。英語やアラビア語など、海外メディアにも声をかけられました。

さらにはユニフォームを着ただけで、さまざまな国のサポーターから「ドイツ戦、勝利おめでとう」とすれ違いざまに祝福されるではありませんか。僕はまだ現地入りして3時間も経っておらず、何の貢献もできていないことは秘密にして、祝福の嵐を受けることに。

次ページ日本代表のイメージは「あのドイツに勝利したチーム」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT