《プロに聞く!人事労務Q&A》休日出勤させた場合、割増賃金を支払わなければなりませんか?

拡大
縮小
《プロに聞く!人事労務Q&A》休日出勤させた場合、割増賃金を支払わなければなりませんか?

 

回答者:社会保険労務士朝比奈事務所 朝比奈睦明所長

質問

 弊社は、1日の所定労働時間8時間、土曜日及び日曜日を休日とする完全週休2日制の会社です。ある週の火曜日に、従業員が年次有給休暇を取得したのですが、その週の土曜日に休日出勤を8時間しました。代休を与えることができなかった場合、その土曜日の休日出勤手当は、割増賃金を支払わなければならないでしょうか?

回答

<割増賃金の考え方>

法令では、事業主に対して法定労働時間(1日につき8時間及び1週間につき40時間)を超えた場合に25%以上、また法定休日(1週間につき1日もしくは4週間をとおして4日)に労働させた場合について35%以上の割増賃金支払義務を定めています(労基法第37条)。

今般のケースにおける原則的な考え方は、その週の最初の日曜日(暦週を1週間とするのが原則)に休日を取得できていれば、1週間につき1日の休日は確保されているため、その週の土曜日の出勤は法定休日労働にはなりません。従って、35%以上の割増賃金支払義務はありませんが、その土曜日の出勤によって法定労働時間である1週40時間を超えた場合は、超過分に対して時間外労働として25%以上の割増賃金を支払わなければなりません。

 

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT