《プロに聞く!人事労務Q&A》休日出勤させた場合、割増賃金を支払わなければなりませんか?

《プロに聞く!人事労務Q&A》休日出勤させた場合、割増賃金を支払わなければなりませんか?

 

回答者:社会保険労務士朝比奈事務所 朝比奈睦明所長

質問

 弊社は、1日の所定労働時間8時間、土曜日及び日曜日を休日とする完全週休2日制の会社です。ある週の火曜日に、従業員が年次有給休暇を取得したのですが、その週の土曜日に休日出勤を8時間しました。代休を与えることができなかった場合、その土曜日の休日出勤手当は、割増賃金を支払わなければならないでしょうか?

回答

<割増賃金の考え方>

法令では、事業主に対して法定労働時間(1日につき8時間及び1週間につき40時間)を超えた場合に25%以上、また法定休日(1週間につき1日もしくは4週間をとおして4日)に労働させた場合について35%以上の割増賃金支払義務を定めています(労基法第37条)。

今般のケースにおける原則的な考え方は、その週の最初の日曜日(暦週を1週間とするのが原則)に休日を取得できていれば、1週間につき1日の休日は確保されているため、その週の土曜日の出勤は法定休日労働にはなりません。従って、35%以上の割増賃金支払義務はありませんが、その土曜日の出勤によって法定労働時間である1週40時間を超えた場合は、超過分に対して時間外労働として25%以上の割増賃金を支払わなければなりません。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT