終幕!トワイライト劇場は、やはり凄かった 豪華寝台列車の旅が、25年の歴史に終止符

印刷
A
A

サロンカーでの雑談を楽しむうちに、敦賀を過ぎ湖西線に入った。定時運行が、今日は逆に恨めしい。

京都から下車する人が増え、車内で知り合った人と手を振って別れる。上りは昼過ぎまでのんびり楽しめると思っていたが、時間はあっという間だ。新大阪を出て淀川を渡ると、車内に「いい日旅立ち」のメロディが流れた。12時53分、終着・大阪駅に到着。22時間48分の旅は、疲れを感 じる間もなく、無事終わった。

「寝台列車の旅」はどうなるのか

JR西日本は、2017年春をメドに新たな寝台列車を登場させることを発表しているが、当面は西日本の管内を走るクルーズトレインとなる予定 だ。「ななつ星よりは安くしたい」(JR西日本広報担当者)というが、 現在のトワイライトエクスプレスよりは相当高価になる だろう。25年間の経験とノウハウを積み重ねてきたクルーたちがどうなるかも、現時点では未定だ。

誰でもちょっと背伸びをすれば手が届き、はるかな目的地を目指して走る、フレンドリーな長距離寝台列車。そんな、トワイライトエクスプレスのDNAを受け継いだ列車が、JRの全国ネットワークから登場することを期待している。

(撮影:米屋こうじ、JR提供分除く)

(「週刊東洋経済」臨時増刊 「鉄道」完全解明 2015より転載)

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT