有料会員限定

宗教が「抑圧、排除、人権侵害」に向かっている 孤立した個人が宗教右派に糾合される危うさ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

統一教会と政界の関係の深さを目の当たりにした宗教学者・島薗進氏は「今、反省している」と話す。

宗教学者 島薗進
島薗 進(しまぞの ・すすむ)/宗教学者。東京大学名誉教授。日本宗教学会元会長。1948年生まれ。東京大学文学部卒業。近著に『教養としての神道 生きのびる神々』。(撮影:尾形文繁)

特集「宗教 カネと政治」の他の記事を読む

母親による度を越した高額献金やそれに伴う家庭崩壊など、山上徹也容疑者の身に起きていたことには、世界平和統一家庭連合(旧統一教会。以下統一教会)が以前から抱えていた諸問題が象徴的に表れている。

宗教学者である私は今、反省している。

1980年代から90年代にかけて霊感商法が社会問題化し、1992年には合同結婚式のおかしさが大きく報じられた。2009年には霊感商法を行っていた教団傘下の販売会社・新世が摘発され、逮捕者が出た。翌10年には、北海道大学の櫻井義秀先生らが統一教会の全体像をまとめた『統一教会 日本宣教の戦略と韓日祝福』が出版された。

解消に向かうと思っていた

次ページ韓国でも日本でも正体を隠して政治に接近
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内