有料会員限定

「違和感の消化不良」が創価学会離れを引き起こす 学会元理事長の息子が本音で語る宗教2世問題

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7
拡大
縮小

宗教活動に疑問を抱いたとき2世の苦悩が始まる。

手をつなぐ親子
写真と本文は直接関係ありません(kapinon/PIXTA)

特集「宗教 カネと政治」の他の記事を読む

私は生まれてすぐに創価学会に入会した。信者が集まる会合への参加は当たり前。朝晩に仏典を読む儀式も日々行ったし、布教も熱心に実践してきた。

と同時に、私の中には学会に対する違和感もあった。例えば、学会以外の宗教に対し排他的であること、公明党を礼賛しすぎていると感じられること、そしてこのような違和感を口にすること自体が「ダメだ」とされがちなこと──。こうした違和感をぬぐえない人の中から、学会活動を離れる人が出てくる。

次ページ最後は自分でコトを起こすしかない
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内