韓国サムスンが救助団の派遣を日本政府に打診

韓国のサムスングループは、東日本大震災への支援活動を発表した。

 人命救助に「サムスン3119(サンイチイチキュウ)救助団」(韓国唯一の民間救助機関)10人、サムスンソウル病院所属の医師、看護師で構成する専門医療チーム「サムスン医療奉仕団」11人を派遣する準備を整え、日本政府へ打診中という。

このほか、グループとして1億円の義援金、役職員から1000万円の募金を贈るとしている。

サムスン3119救助団は1999年の台湾震災で、サムスン医療奉仕団は95年の阪神大震災で活動した経緯がある。
(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

 

関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。