三菱マテリアルは東北、関東の8事業所で操業停止【震災関連速報】

三菱マテリアルは東北、関東の8事業所で操業停止【震災関連速報】

非鉄金属大手の三菱マテリアルは東日本巨大地震の影響で、東北及び関東地方の8事業所で操業を停止している。停電、断水状態が続いているほか、設備等の損傷が影響しているもようだ。

本体の事業所では、岩手工場(岩手県一関市)、秋田製錬所(秋田県秋田市)、筑波製作所(茨城県常総市)、いわき製作所(福島県いわき市)の4カ所で稼働を停止。連結子会社でも、細倉金属鉱業(宮城県栗原市)、小名浜製錬の小名浜製錬所(福島県いわき市)、日本新金属の秋田工場(秋田県秋田工場)、三菱マテリアル電子化成の4カ所で操業を止めている。

被害状況の詳細は、同社危機管理委員会を中心に調査している。今のところ重大な人的被害はなく、小名浜製錬所など沿岸部でも「外観を目視するかぎり目立った損傷はない」(同社広報部)という。

(許斐 健太 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT