三菱マテリアルは東北、関東の8事業所で操業停止【震災関連速報】

三菱マテリアルは東北、関東の8事業所で操業停止【震災関連速報】

非鉄金属大手の三菱マテリアルは東日本巨大地震の影響で、東北及び関東地方の8事業所で操業を停止している。停電、断水状態が続いているほか、設備等の損傷が影響しているもようだ。

本体の事業所では、岩手工場(岩手県一関市)、秋田製錬所(秋田県秋田市)、筑波製作所(茨城県常総市)、いわき製作所(福島県いわき市)の4カ所で稼働を停止。連結子会社でも、細倉金属鉱業(宮城県栗原市)、小名浜製錬の小名浜製錬所(福島県いわき市)、日本新金属の秋田工場(秋田県秋田工場)、三菱マテリアル電子化成の4カ所で操業を止めている。

被害状況の詳細は、同社危機管理委員会を中心に調査している。今のところ重大な人的被害はなく、小名浜製錬所など沿岸部でも「外観を目視するかぎり目立った損傷はない」(同社広報部)という。

(許斐 健太 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。