お祭り気分!出汁香る「たこ焼き」の簡単作り方 生地さえ分量を決めれば、残りの材料は適量で

拡大
縮小
たこ焼き器の火力はガスと電気と2種ありますが、「カリっと焼けるからガスがおすすめ! 」と野本さん(写真/吉澤健太)

コロン、コロンと焼いていく

買ったばかりのニューたこ焼き器でやや不安そうな野本さん。なにしろ、祖父の代から80年もの長きに渡って続いている江戸前の鮨屋ですから。生粋の江戸っ子です。

いったん生地を流し入れたら、その上にキャベツ、タコ、紅ショウガ、揚げ玉などお好みで、お好きなだけ。

多少、具がはみ出ていてもコロン、コロンと回しているうちに気にならなくなるので大丈夫。最後にオリーブオイルやサラダ油など、オイルを少しまわしかけると外の皮がカリっと焼き固まります。

焼けたら、お好みでソース、青海苔、かつおぶしなど。え、マヨネーズ? もちろんお好きにどうぞ! 初めての「たこパ」は上々の出来となりました。

こんな舟状の容器を準備しておくと祭り気分が一層高まります(写真/吉澤健太)

(文/秋山 都 レシピ&調理/野本やすゆき 写真/吉澤健太) 

野本やすゆき (料理研究家)
東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。
最近、YouTubeにて野本やすゆきチャンネルを開設。
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT