有料会員限定

「世論を反映しない」大統領選に募る根深い不信 制度のバイアスで各州の意向が反映されやすい

印刷
A
A
人口の多寡に配慮せず各州の意向を反映する選挙制度が、支持者の分断をますます深めている(写真:AP/アフロ)

米国の有権者には、「選挙結果が世論を正確に反映していない」という根深い不信がある。大統領が幅広い支持を得られない根源的な理由だ。

6月9日に米下院では、2021年1月6日の連邦議会占拠事件を調査してきた特別委員会が、初の公聴会を開いた。特別委員会は、20年大統領選挙の結果を覆そうとしたとして、トランプ前大統領の責任を厳しく追及している。

その一方、20年の選挙でバイデン大統領が不当に選ばれたと考える有権者も、一定の割合で存在する。マサチューセッツ大学アマースト校が5月に行った世論調査では、「バイデン氏は正当に選ばれていない」との回答が30%に達した。

次ページ世論と結果が乖離しやすい制度
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内