有料会員限定

名門大学が気候危機の解決策探る新校を設立 大物VCがテクノロジー育成に11億ドル投資

印刷
A
A
スタンフォード大に過去最高額の寄付を行ったドーア氏(写真中央)はグリーンテックに可能性を見いだす(写真:AP/アフロ)

米カリフォルニア州の名門スタンフォード大学が、70年ぶりにスクールを新設する。今年9月に開校を控える「スタンフォード・ドーア・スクール・オブ・サステイナビリティー」だ。地球規模の気候危機に対し、解決策となる新たなテクノロジーの開発と人材育成を目指す。

環境問題に特化したスクールが新設される例は、米国でも多くはない。研究分野は気候危機、エネルギー技術、持続可能な都市、食料と水の安全保障などで、8分野すべてが、気候危機とその解決策に関連するカリキュラムだ。

新設にジョン・ドーア氏夫妻が多額寄付

校名の一部に入っている「ドーア」はジョン・ドーア氏夫妻に由来する。ジョン・ドーア氏はシリコンバレーの著名なベンチャーキャピタリスト(VC)であり、妻のアン・ドーア氏は環境防衛基金の元理事・現顧問だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内