プレスリリース「広報」が陥りがちな思い込み2選 たくさん書けばOKじゃないし意味ないわけでもない

印刷
A
A
プレスリリースにまつわる広報担当者の誤解とは?(イラスト:吉田アキコ/PIXTA)
企業や団体がみずからのニュースを発信するプレスリリース。新聞やテレビ、雑誌、ネットメディアなどの報道機関や消費者へ新しい情報を届けることを目的とする手段です。
この裏側では広報担当者がいろいろと頭を悩ませてプレスリリースを書いているのですが、そこには間違った思い込みが大きく2つあると元・日本経済新聞の記者で、現在は広報コンサルタントとジャーナリストの二足のわらじを履く日高広太郎氏は指摘します。プレスリリースとメディアの裏側とは? 著書『BtoB広報 最強の攻略術』から一部抜粋、再構成してお届けします。

①プレスリリースは枚数を書けばいいわけじゃない

「広報部は、プレスリリースを書くことが仕事。何枚書いたかが大事」

これは、広報担当者の中ではびこる間違った思い込みの1つです。プレスリリースの送付数などを広報担当者の評価基準にしている会社があるとすれば、そんな基準は無意味と言わざるをえません。

なぜ、プレスリリースを出しただけではダメなのでしょうか?

そもそも広報活動の目的がズレているからです。広報・PRの目的の1つは、メディアでの前向きな記事の掲載を通じて、自社の知名度・信頼度を向上させたり、イメージアップを図ったりすることです。

しかし、プレスリリースの多くはせいぜいが自社のホームページや、各社のリリースを集めた一部の発表サイトに掲載される程度で、必ずしも多くの人たちの目に触れません。

報道機関の記者はそれらのサイトを毎日見ていると期待している広報担当者がいるかもしれません。ところが、他のメディアではまだ報道されていない、独自のニュースを求めるのが記者の習性です。インターネットのサイトに掲載されたり、記者クラブに配布されたりしたプレスリリースは、記者にとってはもはや独自ニュースではなく、既知の情報にすぎません。

プレスリリースをたくさんつくって発表することは、何もしないよりはもちろんよいのですが、プレスリリースを出すだけで自社の知名度や信用度が十分に上がるかと言えば、答えは「否」です。

次ページ出しただけで取り上げられるのは超大企業ぐらい
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT