南海「車庫内脱線」特急正常化に時間がかかる事情 特急車両の予備が少なく一般車両でやりくり

印刷
A
A

検査が1日で済めばいいが、完全な分解作業を伴う大掛かりな検査では、最低でも1週間以上は営業運転から外す必要がある。やむをえず、大掛かりな検査では2編成体制での運行になるが、これには合わせ技で対処している。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

1つは「こうや」の一部を運休させることだ。冬季は「こうや」の利用が少なく、土休日の一部の列車を運休させている。2つ目は、南海高野線から泉北高速鉄道線に向けて運転している「泉北ライナー」の車両を「りんかん」で使用することで、3編成目体制での運行を確保している。

3編成そろえれば「こうや」の運行もできそうだが、「泉北ライナー」で使用している南海の車両は、「こうや」で使用することができない。「こうや」の走行区間のうち、橋本―極楽橋は急カーブや勾配が連続する区間で、この区間の走行に対応した車両が限られているためだ。先の「泉北ライナー」用の車両は、なんばー橋本間を走る「りんかん」用としてつくられた経緯を持つが、橋本―極楽橋間の走行には対応していない。

また、このやり繰りによって「泉北ライナー」の車両がなくなってしまうが、「泉北ライナー」には特急「サザン・プレミアム」で使用している車両を代わりに用いることで対処している。このために、「サザン」の車両と「こうや」の車両は、大掛かりな検査が重ならないよう、工程(スケジュール)を調整しているわけだ。

ラピートの融通は難しい

南海の特急では、関西国際空港へ向かう特急「ラピート」が有名だが、「ラピート」の車両は「ラピート」、「サザン」車両は「サザン」として独立して使用され、互いに融通を利かせて使用することが難しい。

今後は、「こうや」「りんかん」の完全復旧を目指すことになるが、脱線した車両の損傷がどの程度で、どのような対応になるのかが注目されるだろう。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT