前NY連銀総裁「物価抑制には金利を5%以上に」 耳障り良いごまかし続けていけば当局は信頼を失う

印刷
A
A

ダドリー前ニューヨーク連銀総裁は11日、インフレを抑制するために必要な金利水準や、それがどれほどの痛みを引き起こすのかについてのメッセージで米金融当局は「ごまかし」をやめるべきだと述べた。ブルームバーグ・サーベイランスのインタビューでの発言。

物価圧力を抑えるために米金融当局が政策金利をどこまで引き上げるべきかについて、ダドリー氏は「4-5%もしくはそれ以上だと思う」と語った。同氏はブルームバーグ・オピニオンのコラムニストで、ブルームバーグ・エコノミクスのシニアアドバイザーも務める。

この日発表された4月の米消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回り、経済の広い範囲にインフレ圧力が高まっていることを示した。

米消費者物価指数、4月は予想を上回る-インフレ継続を示唆 (1)

複数の米金融当局者からは、経済を軟着陸させ、景気後退(リセッション)入りや失業率の急上昇を回避することは可能だとの声が聞かれる。しかし、ダドリー氏はこうしたメッセージはメリットよりデメリットの方が大きいと指摘。

「米金融当局は景気を減速させて失業率を押し上げるほど政策を十分に引き締めなければならない。それが求められていることであり、そのことをもっと率直に国民に説明すべきだ」と語り、耳に心地の良いごまかしを続けていれば、金融状況はさほど引き締まらず、金融当局に対する信頼が損なわれかないと警鐘を鳴らした。

原題:

Dudley Says Fed Should Hike to 5% or Higher to Curb Inflation(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Alister Bull

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT