「いちご祭」、ミニストップが得意技で参戦

ローカロリーの「練乳いちごパフェ」で勝負

女性からの支持が高いいちご。今年はコンビニデザートのバラエティが豊富です(写真:Ushico / Imasia)

いちごイヤーの第一弾として、ミニストップが1月23日に発売したのが「練乳いちごパフェ」(340円 税込み)だ。ミニストップのフルーツパフェシリーズは、フルーツのおいしさを存分に味わえるパフェとして、特に女性からの支持が高い。マンゴーを使ったパフェは1シーズンで300万食を超えるほどの人気商品だ。

いちごそのものの味が楽しめる新パフェ

ミニストップ・フルーツパフェ開発担当の中間 美奈子さん

人気の高いフルーツは毎年のように発売されるが、その度にマイナーチェンジを加えるのが、フルーツパフェシリーズの開発担当者のこだわり。いちごについては2013年の1~2月に発売されて以来2年ぶりの登場で、今回は「いちごそのものをたっぷりと楽しんで頂きたい」(ミニストップ・フルーツパフェ開発担当の中間美奈子さん)ということが開発コンセプトとなっている。

なるほど、カップの底とトッピングにいちごを使用しているので、カップのほとんどがいちごで埋め尽くされたかのように見える。前回の「いちごヨーグルトパフェ」の価格298円(税込み)に対して42円値上がりしているが、これは消費税増税分プラス、いちごが増えた分の上乗せだそうだ。

しかし、いちごそのもののおいしさを楽しむなら、やっぱり生のいちごをそのまま食べるのが一番ではないだろうか。

「いえいえ、ミニストップのパフェでは、いちごのおいしさがさらに引き立てられるように設計しているんです」(中間さん)。

次ページ新商品、食べてみての感想は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。