「いちご祭」、ミニストップが得意技で参戦

ローカロリーの「練乳いちごパフェ」で勝負

女性からの支持が高いいちご。今年はコンビニデザートのバラエティが豊富です(写真:Ushico / Imasia)

いちごイヤーの第一弾として、ミニストップが1月23日に発売したのが「練乳いちごパフェ」(340円 税込み)だ。ミニストップのフルーツパフェシリーズは、フルーツのおいしさを存分に味わえるパフェとして、特に女性からの支持が高い。マンゴーを使ったパフェは1シーズンで300万食を超えるほどの人気商品だ。

いちごそのものの味が楽しめる新パフェ

ミニストップ・フルーツパフェ開発担当の中間 美奈子さん

人気の高いフルーツは毎年のように発売されるが、その度にマイナーチェンジを加えるのが、フルーツパフェシリーズの開発担当者のこだわり。いちごについては2013年の1~2月に発売されて以来2年ぶりの登場で、今回は「いちごそのものをたっぷりと楽しんで頂きたい」(ミニストップ・フルーツパフェ開発担当の中間美奈子さん)ということが開発コンセプトとなっている。

なるほど、カップの底とトッピングにいちごを使用しているので、カップのほとんどがいちごで埋め尽くされたかのように見える。前回の「いちごヨーグルトパフェ」の価格298円(税込み)に対して42円値上がりしているが、これは消費税増税分プラス、いちごが増えた分の上乗せだそうだ。

しかし、いちごそのもののおいしさを楽しむなら、やっぱり生のいちごをそのまま食べるのが一番ではないだろうか。

「いえいえ、ミニストップのパフェでは、いちごのおいしさがさらに引き立てられるように設計しているんです」(中間さん)。

次ページ新商品、食べてみての感想は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。