国連事務総長、「2人の人質、無条件の解放を」

<動画>身代金については言及せず

提供:ロイター

日本人ジャーナリストの湯川遥菜さんと後藤健二さんがイスラム国に拘束されている映像が公開されたことに対し、国際社会はどのように動くのだろうか。

ビデオが公表された1月20日、国連はイスラム国に拘束されていることが明らかになった2人の日本人について、懸念を表明した。

潘基文国連事務総長の報道官であるステファン・ドゥジャリク氏は次のように述べた。「彼(事務総長)は、武装グループに囚われているすべての人々の先行きについて心配しており、私たちも映像を確認しました。特にダーイシュ(イスラム国)や、イラクやシリアの武装グループについて懸念を表明しており、人質の即時解放を呼びかけています。国連の立場からはっきりしているのは、人質の解放は無条件でなくてはならないということです」(ドゥジャリク氏)。潘事務総長の立場からは身代金についての言及はできないとも話している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。