国連事務総長、「2人の人質、無条件の解放を」

<動画>身代金については言及せず

提供:ロイター

日本人ジャーナリストの湯川遥菜さんと後藤健二さんがイスラム国に拘束されている映像が公開されたことに対し、国際社会はどのように動くのだろうか。

ビデオが公表された1月20日、国連はイスラム国に拘束されていることが明らかになった2人の日本人について、懸念を表明した。

潘基文国連事務総長の報道官であるステファン・ドゥジャリク氏は次のように述べた。「彼(事務総長)は、武装グループに囚われているすべての人々の先行きについて心配しており、私たちも映像を確認しました。特にダーイシュ(イスラム国)や、イラクやシリアの武装グループについて懸念を表明しており、人質の即時解放を呼びかけています。国連の立場からはっきりしているのは、人質の解放は無条件でなくてはならないということです」(ドゥジャリク氏)。潘事務総長の立場からは身代金についての言及はできないとも話している。

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。