米セントルイス連銀総裁が0.75%の利上げに言及 金利は早急に中立水準3.5%に戻すことが望ましい

印刷
A
A

米セントルイス連銀のブラード総裁は18日、連邦公開市場委員会(FOMC)が複数回の0.5ポイント利上げで年内に政策金利を3.5%前後に早急に引き上げる必要があると述べ、0.75ポイントの利上げの可能性も排除しない考えを示した。

0.5%(ポイント)を上回る利上げの可能性排除せず

ブラード総裁は外交問題評議会(CFR)のオンライン形式のイベントで講演し、現時点で0.5ポイントを上回る利上げは自身の基本シナリオではないと述べた上で、グリーンスパン連邦準備制度理事会(FRB)議長時代の1994年にもそうした利上げはあったと指摘し、「その可能性を排除しない」と話した。

セントルイス連銀のブラード総裁は、0.5ポイントを上回る利上げは自身の基本シナリオではないとしつつも、その可能性を排除しないと発言Source: Bloomberg

同総裁は3.5%前後の政策金利を支持する考えをあらためて表明。「一度に全てを行うことはできないが、年末までにその水準に到達すべきだと」と述べた。総裁は政策金利の水準に関する自身の推計を出す上で、スタンフォード大学のジョン・テイラー教授が考案した指針「テイラー・ルール」の一種に言及した。同指針ではインフレ率と失業率、中立金利の推計が利用される。

次ページ「迅速に中立水準に達することが望ましい」
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT