有料会員限定

GAFAMが巨額投資、縦横無尽に狙う「ヘルスケア」 日本の医療機関はデジタル対応が待ったなし

印刷
A
A

蓄積されたデータの規模とその利活用が、医療業界に巨大なインパクトを与えている。

アップルの強みは「データの集約」にある(bee/PIXTA)

特集「GAFAMが狙う新鉱脈」の他の記事を読む

GAFAMによるヘルスケアに対する投資は、2021年で31億ドル(約3700億円)を超える(CB Insights調べ)。データやAI(人工知能)の有効活用による医療関係者の業務効率化やスマートデバイスの提供による個人、法人の健康促進などが行われている。予防医療の観点から、医療費の削減につながることも期待されている。

「未来の視点から、『アップルの人類への最大の貢献は何だったのか』と問いかけた場合、その答えは『人々の健康』といえるだろう」。19年1月公開のインタビューで、アップルのティム・クックCEOはこう答えている。

アップルの強みはデータの集約にある。iPhoneやアップルウォッチのセンサー、そしてサードパーティーアプリから膨大な個人の情報が「ヘルスケア」というアプリに集まっている。ヘルスケアアプリは開発者向けツールの「ヘルスキット」とも連携している。

アップルウォッチの新機能

次ページデータ活用で抜きん出るグーグル
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内