中国での経済政策を決定づける「三化」の原則 多くの困難や課題に直面する中国経済の発展

印刷
A
A

国内外の課題が噴出する中、中国の経済政策はどこへ向かうのか。その手がかりとなるのが金融専門会議だ。

全人代で王岐山副主席と談笑する劉鶴副首相(左)。経済ブレーンとして知られる(AP/アフロ)

中国で経済情勢と資本市場の問題が人々の注目を集めている。このほど、中央政治局委員、国務院副首相の劉鶴が国務院金融委員会の専門会議を開催した。

会議では、現在の複雑な情勢下において、重要なのは経済の発展を堅持することで、これが党の執政と国の繁栄における第1の課題であると表明した。その最も重要な精神は「三化(市場化、法治化、国際化)」の原則にある。

国家統計局が最近発表した1〜2月の工業生産、投資、消費、輸出の経済データは、市場の予想を上回っている。しかし、一部のデータには一定のギャップが存在し、とくに不動産ではそれが明らかである。コロナ禍以来、中国経済の情勢は決してデータに表れているほどよくはない。とくにサービス業と製造業ではそうである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内