有料会員限定

「外交の幅」をもっと広げよう 論点7|外交・安保

印刷
A
A

日米同盟は重要だが、日本の「不可欠性」を引き上げる努力が必要だ。

QUADなど友好国との関係強化は重要だ(EPA=時事)

特集「ニッポン再生計画」の他の記事を読む

世界覇権を追求するかのような中国の台頭や、核兵器やミサイルの開発に集中し東アジアの安定をつねに脅かす北朝鮮の存在。米国と旧ソ連による冷戦の対立構造が残る東アジアで、日本は同盟国の米国との関係を基調とする外交を長らく行ってきた。その基調は今でも変わらない。

一方で、2040年を見据えて世界環境を想像すると、いつまでも冷戦的思考を残したまま、日本の外交を進めていっていいものか──。そんな疑問が湧いてくる。日本外交は、戦略のよい部分は残しながらも、新たな思考による時代に合わせた戦略の構築を急ぐ時期に来ている。

半世紀前の抑止論

北朝鮮のミサイル発射を例に挙げよう。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党総書記は18年に「核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験はしない」と米国に約束したことに加え、経済状況の悪化とコロナ禍への対応に追われたのか、20年まではミサイル発射もなく静かだった。

ところが北朝鮮は、今年になってミサイル発射を再開、すでに中短距離ミサイルを8回発射した。いずれもICBMではないが、10月にはSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の実験も行っている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ニッポン再生計画
論点7|外交・安保
インタビュー/大阪市立大学大学院准教授 斎藤幸平
インタビュー/慶応大学名誉教授 竹中平蔵
論点6|環境・エネルギー
インタビュー/亜細亜大学 アジア研究所教授 九門大士
インタビュー/モルガン・スタンレー MUFG証券シニアアドバイザー ロバート・フェルドマン
PART2 世界の中での立ち位置|論点5 移民
論点4|政党政治と民主主義 「持続可能な国」造る政治を
インタビュー/Vitalogue Health(バイタログヘルス)ファウンダー&CEO 長谷川彩子
インタビュー/atama plus(アタマプラス)代表取締役 稲田大輔
論点3|日本型経営と産業
ミレニアル・Z世代アンケート
インタビュー/BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎
インタビュー/慶応大学大学院教授 鶴 光太郎
論点2|賃金・雇用
Part1 ニッポンは変われるか|論点1 経済成長
ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内