セブン、日米のコンビニをめぐる「意外な差」 米セブン社長の報酬は親会社トップの20倍超

印刷
A
A

巨額買収をテコに、北米シフトを鮮明にしたセブン&アイ・ホールディングス。この選択がグループに何をもたらすのか。

アメリカにあるセブン‐イレブンの都市型店舗。グループ内における北米コンビニ事業の存在感は高まるばかりだ(写真:セブン&アイ・ホールディングス)

特集「セブン 5年後の絵姿」の他の記事を読む

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、コンビニのセブン‐イレブン、総合スーパー(GMS)のイトーヨーカドー、百貨店のそごうや西武など、数多くの業態を展開する日本有数の小売りグループだ。だが今後の成長軸に据えるのは、アメリカの子会社が展開するアメリカでのコンビニ事業。2021年5月には2兆3000億円を投じて、同業の「スピードウェイ」の店舗網を手に入れた。そもそも、国内とアメリカのコンビニ事業には、どのような違いがあるのか。さまざまなデータから紐解いていく。

「自身の報酬の20倍を超える27億円もの年俸を支払えるのは、井阪隆一社長の度量の深さを示している」。セブン&アイ・HDの役員報酬をみて、ある市場関係者は素直に評価する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内