首位奪還に勢いづく伊藤忠商事 ニュース最前線/2019年11月23日号

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8
拡大
縮小
伊藤忠商事は非資源分野が堅調で、今上期時点で三菱商事の純利益を上回った(撮影:梅谷秀司)

特集「東洋経済ダイジェスト」の他の記事を読む

2019年11月1日に伊藤忠商事が発表した中間決算の純利益は、前年同期比12%増の2891億円。一方の三菱商事は21.6%減の2424億円。折り返し地点ながら、総合商社トップの純利益を稼ぎ出した。当時、岡藤正広会長は「今こそ過信・慢心を戒め原点回帰が必要なとき」と全社員にメッセージを出していた。

総合商社2位の伊藤忠商事の社内が活気づいている。

「今こそ過信・慢心を戒め原点回帰が必要なとき。共にONE ITOCHU となってトップを目指そう」──。業界トップである三菱商事が2019年度中間決算を発表した11月6日、伊藤忠の岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)は全社員にそうメッセージを発した。

次ページ石油不正取引で大損
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内