有料会員限定

『アメリカ保守主義の思想史』『ブラック霞が関』 『名画はおしゃべり 酔っ払いから王侯貴族まで』ほか

印刷
A
A

知られざる思想家に焦点 トランプ現象の奥に迫る
評者/関西大学客員教授 会田弘継

『アメリカ保守主義の思想史』井上弘貴 著(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] いのうえ・ひろたか 1973年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程満期退学。博士(政治学)。神戸大学国際文化学研究科准教授。専門は政治理論、公共政策論、アメリカ政治思想史。著書に『ジョン・デューイとアメリカの責任』。

バイデン新大統領率いる米国の民主党政権がいよいよ発足する。しかし、コロナ禍対策の失敗にもかかわらず大統領選挙で全投票数の47%、7400万票を獲得した共和党のトランプ現大統領は政権を去った後も影響力を維持しそうだ。いったい何が起きているのか。左右の「分断」が背景だとの説明では割り切れない。その奥を知りたいと思うなら必読の書である。

大きく2つのテーマが描かれる。冷戦期に始まる戦後米国の保守思想史の概要と、トランプ登場によるその再編の動きだ。米国人による簡潔な通史の邦訳もあるが古い。トランプ現象まで通観するには本書が格好だ。

日本では一般に知られていない重要な思想家に焦点を当て、米国保守思想の持つ特異性を浮かび上がらせている。著者が注目するのはフランク・マイヤーやハリー・ジャファ、ジェイムズ・バーナム、サミュエル・フランシスといった、今は亡き思想家らだ。

保守や右派の思想といえば、復古的な反動を思い浮かべがちだ。だが、逆に復古から革新性をすくい上げる面があることは、日本の戦前の右翼思想を振り返ってもわかる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内