ルルレモン、「商品を売らない」異色の成長戦略 カナダ発「衣料品ブランド」が六本木に旗艦店

印刷
A
A
六本木ヒルズ店はルルレモンがアジアに展開する店舗の中で最大の売り場面積を誇る(写真:ルルレモン・アスレティカ日本法人)

特集「東洋経済ダイジェスト」の他の記事を読む

「ウチの商品はヒットしない」「どこにニーズがあるのかわからない――」。正解のないマーケティングにおいて、最大の教科書である「実例」の記事を集めた短期連載「東洋経済ダイジェスト 実践マーケティング」
小売りの正攻法の真逆を行く出店戦略に着目し、2020年6月23日に公開したこの記事を再録する(情報は公開時点のもの)。

東京都港区にある六本木ヒルズ1階に6月10日、新たなアパレル店舗がオープンした。高機能なヨガウェアなどを扱う、カナダ・バンクーバー発の衣料品ブランド「lululemon(ルルレモン)」だ。

六本木店は買い物客やオフィスワーカーが行き交う大通り沿いに位置し、アジアで最大規模の売り場面積を誇る旗艦店となる。

運営するルルレモン・アスレティカは1998年に創業。現在は北米を中心に世界で約490店舗を展開する。日本には2016年に再上陸して以降、東京と大阪に直営店を出店。六本木店は国内9店舗目となる。

時価総額はギャップの約10倍に

2層構造の店内は、1階がレギンスパンツやTシャツが並ぶ売り場スペース。2階は、ヨガレッスンなどが行える多目的スタジオと同社の日本法人のオフィスを併設する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内