「iモード」誕生の元となった“コンセプト" 2012年3月17日号でドコモ初代社長が語ったこと

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
NTTドコモの端末売り場。2000年撮影(撮影:高橋孫一郎)

特集「反撃のNTT」の他の記事を読む

NTTドコモでiモードの開発責任者を務めた榎啓一氏は『NTT DOCOMO テクニカル・ジャーナル 25周年記念号(2018)」でこう振り返っている。
1997年1月8日水曜日午後2時、東京都港区虎ノ門の新日鉱ビル東棟にあるドコモ本社10階の社長室に直立不動の私がいた。ドコモの創業者である大星公二社長は私にこう厳命した。「携帯電話単体で行うモバイル・マルチメディア事業を立ち上げろ」「金はいくら使っても良い」「人も社内外から好きに集めろ」と。
こうしてiモード開発が始まった。
週刊東洋経済では2012年にNTTドコモの初代社長である大星公二氏にロングインタビューを行い、『長老の智慧』で4週にわたって連載した。ここではドコモ誕生時が語られている第1回を再録する。iモードはいかにして生まれたのか。

 

誕生時のNTTドコモは、売り上げ規模はNTTグループの3%程度で赤字。NTTで自動車電話や携帯電話を10年以上販売していたが、ほとんど売れておらず、携帯電話の普及率は1%程度だった。

安定したNTTからちっぽけな赤字会社に移った社員は不安に思っていた。ただ、私は携帯電話が売れないはずがないと確信していた。社会が豊かになると人間の行動半径は必ず広がる。そうするとすき間の時間は増えるはずだし、出先から連絡する必要もある、コミュニケーションの欲求が高まるからだ。

次ページボリュームからバリューへ
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内