8000億円稼ぐドコモに抱く親の“不満" データ/NTTグループの現在地

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10
拡大
縮小
ドコモはグループの稼ぎ頭だが、親である持ち株会社のNTTは不満を持つ(撮影:尾形文繁)

特集「反撃のNTT」の他の記事を読む

売上高約12兆円、総従業員数は約32万人のNTTグループ。儲けの構図はどのようになっているのか。データでその中身をみていこう。

持ち株会社NTTに979の子会社(2020年3月末時点)がある中、最大の稼ぎ頭はNTTドコモだ。2020年3月期の営業利益は8547億円で、グループ営業利益の半分以上を稼ぎ出す。NTTの澤田純社長は「グループにとって収入面、利益面、人材面でも重要な会社だ」と話す。

しかし、この稼ぎ頭であるドコモに対して澤田社長は「もう10年以上契約数のシェアが毎月のように下がっているし、売上高と利益の面では(携帯3社の中で)3番手になってしまった」と強い不満を持つ(NTT・澤田社長のインタビューはこちら)。

次ページドコモの完全子会社化
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内