有料会員限定

転落弁護士の軌跡 ブラック人脈にすがった経営

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小

武富士人脈のブラック紳士に雇われ最終的に退会処分。こんな弁護士は要らない!

今年4月、第二東京弁護士会は会員に対する退会命令の懲戒処分を公表した。村越仁一弁護士(42期、67歳)。登録31年目のベテランだ。訴訟提起の意思がないにもかかわらず依頼者から着手金250万円をだまし取ったというのが理由である。退会命令は除名(資格を3年間剥奪)に次ぐ重い処分で、弁護士業務再開の道は事実上閉ざされている。

実は、過払い金返還請求バブルの裏側で、村越氏の動向はここ数年ひそかに注目されていた。そして、今年6月に破産した「東京ミネルヴァ法律事務所」との接点も一部でささやかれる人物だ。

6月に破産した東京ミネルヴァ法律事務所には管財人の告示書が掲示されていた

同事務所が放り出した負債50億円超の大半は依頼者からの預かり金。法曹界で前代未聞の不祥事だが、背後では消費者金融大手、武富士のOB人脈がうごめいていた。2012年以降、6回もの懲戒処分を受けた村越氏はそんな怪しげなネットワークにとって便利な駒だった可能性がある。

千葉県内にある自宅の登記簿を見ると、村越氏が転落した軌跡をうかがい知ることができる。差し押さえ登記がなされたのは06年のこと。債権者は東京都千代田都税事務所。要は税金の滞納だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内