有料会員限定

格差広げるコロナショック ルポ|バイト消滅で学生が困窮

印刷
A
A

オンライン授業で「速度制限」も。大学の支援策には濃淡。

大学をコロナショックが襲っている。例年なら、新入生を迎えてごった返すはずの4月上旬の早稲田大学。今年はその光景が一変した。キャンパスは門で閉ざされ、随所に「立入禁止」の貼り紙。周辺の人影はまばらだった。

早稲田は4月8日からキャンパスを閉鎖。4月6日から開始される予定だった春学期は5月11日からに延期され、すべての講義は原則オンラインで行われている。

4月8日から封鎖された早稲田大学のキャンパス。例年ならばサークルの新入生勧誘活動でにぎわう時期だが、構内は静まり返っていた(現在、立入禁止期間は5月末まで)

特集「大学 シン・序列」の他の記事を読む

他大学も、東京大学は4月上旬から、慶応大学や立教大学は4月末から、明治大学は連休明けの5月7日からと、続々とオンラインでの授業をスタートさせた。

自宅待機を余儀なくされた学生の多くが直面するのが、経済的な困窮だ。都内の私立大学に通う大学院生の女性はこう打ち明ける。「コロナが家計を直撃した。父の仕事は4月からなくなり、転職したばかりの母は、コロナで就業開始日が先延ばしになっている。私が研究の合間にやっていた単発アルバイトもなくなり、母の失業保険などの蓄えに頼るしかない」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大学 シン・序列
PART3 受験に強い高校
東大が独走状態
海外大|日本の大学を引き離す
女子大|強みを発揮し高い就職率を実現
個性派|独自路線で存在感
インタビュー/関西学院大学 学長 村田 治
関西|教養のアップやリーダー育成に本腰
インタビュー/東京理科大学 学長 松本洋一郎
PART2 有力私立大の現在地
「教育・研究力」「就職力」「財務力」「国際力」でみる
国公立|個性的な学部が続々と誕生
慶応大|SFCはAO募集定員を100人増
京大|求む!野性的で賢い学生
インタビュー/東北大学 総長 大野英男
東北大|大学ランキングで初トップ
インタビュー/早稲田大学 総長 田中愛治
インタビュー/東京大学 総長 五神 真
PART1 変わるトップ大
インタビュー/AI戦略の第一人者 安宅和人
ルポ|バイト消滅で学生が困窮
大学 シン・序列
コロナ後に変わる名門校の条件
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内