日本人の海外留学生数は増加!若者は内向き志向にあらず【映像あり】

日本人の海外留学生数は増加!若者は内向き志向にあらず【映像あり】

若者の内向き志向が問題視されているが、本当に内向き志向が強まっているのだろうか?最近の若者=ひ弱=内向きとの見方は、あまりにも短絡的であり、実情を反映していると思えない。

文部科学省は2010年12月22日に「日本人の海外留学者数」を発表した。それによると08年に海外の大学などに留学した日本人の数は6万6833人(前年比11.1%減、8323人減)で、4年連続の減少となった。減少幅は過去最高だ。

また、産業能率大が10年4月に入社した新入社員を対象に「新入社員のグローバル意識」を行ったところ、「海外で働きたくない」との回答が49%だった。産業能率大は同様の調査を07年にも行っているが、当時は「海外で働きたくない」と回答したのは36.2%だった。

昨年7月にこの調査が発表されると、若者の内向き志向を表す数値として大きな話題となった。

人材ビジネスのレジェンダコーポレーションが10年11月、主に大学3年生を対象に行った意識調査では、「日本国内で働きたい」(37.7%)、「日本国内の地域限定で働きたい」(21.2%)と国内志向を示す回答が58.9%(前年52.3%)となった。

文部科学省、産業能率大、レジェンダコーポレーションの調査を表面的に見ると、前年よりも日本人留学生は減少しているし、内向きの意識が高まっているように見える。

しかし、長いスパンで検証すると、単純に若者の内向き志向が強まっているとはいえない。

80年代の留学生は、わずか1万人台

1980年代に日本人の海外留学生数は1万人台で推移しており、初めて2万人の大台に乗ったのは、バブル経済華やかな89年だった(89年は2万2798人)。その後90年代に急増し、04年には8万2945人に達した。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。