有料会員限定

規制後も通信業界で続く大幅値引きのカラクリ 規制の盲点をつくキャッシュバック

印刷
A
A

グレーゾーンをつくキャリア。今年の法改正で、その姿勢は変わるのか。

年度末の商戦で、高額キャッシュバックを実施する販売店が相次いだ。写真は都内で3月に撮影

「2台ご契約で最大20万円キャッシュバック!」──。3月中旬、横浜駅近くのソフトバンクの携帯電話販売店を訪れると、そんな文言の書かれた赤いポスターが何枚も店内の天井からぶら下がっていた。年度末の商戦真っ盛りといった雰囲気だ。

カウンターに案内され、他社からの乗り換え(MNP)とスマートフォンの購入を考えていることを告げると、店員がこう切り出した。「通信契約とiPhone 8(64ギガバイトモデルで税込み8万6400円)のセットなら、JCBのギフトカードで8万円分をキャッシュバックできますよ」。MNPの客に限った特典だ。

簡単な説明を受けた後、「ちょっと考えます」と席を立とうとすると、店員は入り口に飾ってあったゲーム機などを指差しながら、こう畳みかけてきた。「もし、今すぐご契約いただけるなら、特別にニンテンドースイッチとダイソンのハンディー掃除機も差し上げます。(ギフトカードを含めて)実質14万円相当の還元ですから、これはかなりお得ですよ」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内