有料会員限定

海外で広がる「和牛肉」消費 主役は米国・豪州産のなぜ? 排除の論理で世界戦略を描くと道を誤る

印刷
A
A

海外で活況を呈する「WAGYU」ビジネス。その最前線を追った。

米テキサス州フォートワース近郊の牧場。放牧地でWAGYUの種畜が飼われている(撮影:山本謙治)

テキサス州フォートワースは米国有数の畜産の町だ。今も市内にはカウボーイの名残があちこちにある。そのフォートワースで最高級のステーキハウスの1つが「B&B」。ニューヨーク出身のベンジャミン・バーグさんが1年前に開業した。

昨年10月、畜産コンサルタントでNHKラジオで毎週「全国食べ物うまいもの」コーナーを担当する山本謙治(やまけん)さんと一緒に同店を訪れた。まずはメニューの中でいちばん高価で、日本から定期的に取り寄せているという神戸牛のステーキをいただいた。

断面に細かなさし(脂肪交雑)が広がった神戸牛の肉は、口の中でとろけるような別格の味だ。さすが和牛の最高峰。やまけんと顔を見合わせ、「これはうまい」とうなずき合った。仕入れてからドライエージングと呼ばれる熟成処理を施しているため、日本で食べるよりもさらに芳醇な味だった。

続いてテーブルに運ばれたのが、「WAGYU」のステーキだ。発音は「わぎゅう」だが、厳密には「和牛」ではなく、あくまで「WAGYU」。日本由来の和牛遺伝子を持つ海外で飼育された牛で、このステーキ店では地元フォートワースの牧場で飼育されたWAGYUの肉を提供している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内