有料会員限定

服薬指導の対面義務が足かせ 「オンライン医療」を阻む壁

印刷
A
A

インターネットを使った診療が普及し始める一方で、服薬指導は足踏み状態だ。

写真はイメージです(sasaki106/PIXTA)

「薬はこのように塗ってください」

薬剤師がそう話しかける相手は、パソコンの画面越しにいる患者だ。ここは福岡市にあるきらり薬局名島店の調剤室。患者が住んでいるのは、その薬局から約16キロメートル離れた福岡市志賀島である。

オンラインによる遠隔服薬指導は、福岡市と愛知県、兵庫県養父(やぶ)市という国家戦略特区に絞られ、福岡市と愛知県では実証実験という形で昨年夏から行われている。きらり薬局は実証実験に参加する薬局の1つだ。

現在の医療では調剤に関わる部分以外はオンライン化が進んでいる。医師によるオンライン診療は昨年4月の診療報酬改定で保険適用が認められた。問診など医師と患者の間のやり取りもオンラインでできる。

ところが処方箋発行や服薬指導といった調剤に関わる部分のオンライン化が遅れている。そうした中、政府は「未来投資戦略2018」で服薬指導のオンライン化推進に言及し、国家戦略特区での実証実験も始まった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内