沖縄県民投票が示した米軍施設に対する民意 沖縄の差別構造を本土が認識できるか

印刷
A
A

2月24日、米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古(同県名護市)への移設に伴う辺野古湾の埋め立ての是非を問う県民投票が行われた。即日開票の結果、「反対」が全体の72.15%となる43万4273票だった。〈県内の41市町村すべてで、埋め立てに「反対」が最多となった。投票率は52.48%だった。/県全体では、「反対」が72.15%、「賛成」が19.10%、「どちらでもない」が8.75%だった。/県民投票条例は、最多の選択肢が投票資格者総数の4分の1に達した場合は、知事は結果を尊重しなければならず、首相と米大統領に結果を通知すると定めている。4分の1は大きく超えた。/県民投票は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設計画をめぐり、名護市辺野古の埋め立てについて「賛成」「反対」「どちらでもない」の三つから選んだ〉(2月25日「朝日新聞デジタル」)。

筆者は、母親が沖縄の久米島出身(父親は東京出身)で、沖縄人と日本人の複合アイデンティティーを持っている。「どちらか1つを選べ」と迫られれば、沖縄人を選ぶ。沖縄に関する書籍も10冊以上、上梓している。県民投票に関して全国紙や雑誌から取材や寄稿の依頼があったが、すべて断った。県民投票に関する筆者の認識と評価が複雑なので、取材に応じても、一部だけが切り取られて正確に伝わらない可能性を懸念したからだ。もちろん、筆者が連載コラムを持つ琉球新報には、自らの見解を率直に記した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内