「自動パン焼きロボット」の重大ミッション 普及すれば「フードロス問題」の解決に寄与

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小
90分で自動的にパンを焼き上げていくロボット

特集「激動!これが最新テックだ」の他の記事を読む

CESには、わくわくするような新しいテック製品がたくさん展示されている。筆者の目に止まった夢のある製品をいくつか紹介していきたい。

本記事で紹介するのは、自動パン焼きロボットの「ブレッドBOT」。ワシントン州ワラワラを拠点とする老舗のベーカリー「ウィルキンソン・ベイキング・カンパニー」が開発したこの自動ロボットは、保存料などを一切使わず、天然の材料だけを使って90分でパンを焼き上げていく。

ウィルキンソン・ベイキング・カンパニーの社長、ランドール・ウィルキンソン氏。焼き上がったパンは右の棚に自動的に移動していく

「現在、スーパーで売られているパンの価格の50%を占めるのは、パン工場から製品をトラックで運ぶ輸送代。だから工場でなく、スーパー内でパンが焼ければ、消費者はより安く新鮮なパンを手にすることができる。そのためにこのロボットを作った」と語るのは、同社の開発担当のエリック・ウィルキンソン氏だ。

ロボットに食パン用のミックス粉、イースト菌、水を入れると、こねる、丸める、焼くという各工程が自動的に行われていく。

ミックス粉、イースト菌、そして水を入れれば、あとは自動だ

ベルトコンベアに乗った一斤分のパンが、オーブン内に入ると、6分ごとに自動的に次のスポットに動いていく。焼きムラなく満遍なく焼けるように設計されている。 

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内