CES不参加なのにアップルの不気味な存在感 「アップル対応テレビ」でサービス領域に攻勢

印刷
A
A

今年のCESは、次世代高速モバイル通信である「5G」を活用した製品・サービスに関する展示が目立ったほか、ここ数年のトレンドである、AI(人工知能)や自動運転、スマートホームなどに関する最先端技術開発においても、各社が技術を披露しあった。

その中で、CESには出展していないにもかかわらず、意外にも存在感を示していた企業がある。アップルだ。現地のメディア関係者の間では「今年の陰の主役はアップルだ」と指摘する声もあった。

アップルが因縁のサムスンに接近

「100カ国以上にいるサムスンのスマートテレビを持っている人だけが、この春からiTunesの映画とテレビ番組を楽しめるようになる」

1月7日、ラスベガスの高級カジノホテル「マンダレン・ベイ」の広大なホールを借り切って開かれた韓国サムスン電子の記者発表会。ここで、シニア・ヴァイスイスプレジデントのデイヴ・ダス氏が強調したのは、最新の8K量子ドットテレビをはじめ、2018~19年モデルのテレビがアップルの動画コンテンツ配信アプリ「iTunes Movies and TV Show」に対応したことだった。「(同アプリへの対応は)サムスンのテレビだけ」と、ダス氏は興奮気味に語った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内