『ブランド戦略論』を書いた田中洋氏に聞く 「全能感を生むブランド維持のため不正も伝承」

印刷
A
A

消費者が大量の情報にアクセスできる現在、消費者との接点である「ブランド」をどのように展開し他社との差別化を図っていくのかが、企業戦略上いっそう重要になっている。

ブランド戦略論
ブランド戦略論(田中 洋 著/有斐閣/4000円+税/524ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

全能感を生むブランド 維持のため不正も伝承

──KYBの検査データ改ざんや日産自動車の検査時不正など企業の不祥事が後を絶ちません。本書では、ブランドが不祥事を生む経緯について迫っています。

ブランドが長期間、シェア上位にあり、競争相手が弱いとき、そのブランドを所有する企業に一種の「緩み」が生じることがある。

2000年に集団食中毒事件を起こした雪印乳業の社長が、記者会見を無理やり打ち切ってエレベーターに乗ろうとした際、追いすがる記者に「僕は寝てないんだよ」と言って印象を悪化させたことを、多くの人が覚えているのではないか。また、米カジュアルファッション「アバクロンビー&フィッチ」のCEOが、「われわれはかっこよくて見栄えのする人たちしか相手にしない」というようなコメントをして、消費者の不評を買ったこともある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内