「泥水情報」にこそ、真実が隠されている 第1回 現地への「権限委譲」で成功する秘訣

印刷
A
A
ダイキン工業の”中興の祖”である井上礼之会長。井上流経営の本質をじっくり語ってもらった(撮影:今井康一)

特集「「海外M&A」巧者の極意」の他の記事を読む

エアコン最大手のダイキン工業。同社の好調ぶりが際立っている。

2017年度は売上高2兆2905億円、営業利益2537億円で8期連続の増収増益だった。営業利益は5期連続で最高益を続けている。営業利益率11.1%、ROE15.7%。トヨタ自動車やパナソニックなど日本を代表する企業をも上回る水準だ。

ダイキンが急成長を遂げたのはこの20年だ。日本企業が国際競争力の低下に直面した「失われた20年」の間に、ダイキンは右肩上がりの成長を続けてきた。

その基礎を築き上げたのが、井上礼之会長(83)。1994年、ダイキンが赤字に転落したタイミングで社長に就任し、一貫して同社の成長を牽引してきた。その経営手法として注目されるのが、グローバル化とM&A(企業の合併・買収)だ。2003年度に約2000億円だった海外売上高は、2017年度には約1兆7500億円に拡大。そして、就任以降手掛けたM&Aは約30に及ぶ。

東洋経済では井上会長に2時間にわたるロングインタビューを敢行。本連載ではその内容を余すところなく紹介する。ダイキンはいかにグローバル企業へと変身したのか。井上会長の経営の要諦を、全4回に渡りじっくり聞いていこう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内