有料会員限定

ダイキンの世界制覇戦略 空調機器で断トツ狙う

印刷
A
A

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進、新たな成長エンジンを手に入れた。成功の秘訣と今後の課題を探る。

(本誌:山田雄大)

後に振り返ったとき、会社が新たな成長ステージに入ったことを象徴する出来事となるかもしれない。

空調で世界首位のダイキン工業は、グループで貢献した人物や部門の表彰式を毎年2月の設立記念日に催している。近年、その最優秀賞の「CEOアワード」は中国の子会社が独占してきた。しかし今年は中国子会社と並んでインドの子会社も受賞。インド市場における躍進が評価され、初の受賞となった。

本社の十河(とがわ)政則社長兼CEOとがっちり握手をしたインド法人のカンワル・ジート・ジャワ社長(下写真右)は、スカウトされて現地の空調メーカー幹部から2010年にダイキン・インドに転じた。「インドでもナンバーワンを目指すダイキンの計画に魅力を感じた」と当時を振り返る。

十河社長兼CEOから「CEOアワード」の表彰を受けるジャワ社長

特集「ダイキンの世界制覇戦略」の他の記事を読む

不得意だった低価格帯でも勝利

当時のダイキンは東南アジアのいくつかの国でトップ企業となっていたが、本格参入からまもないインドではまだ7位だった。台数ベースで市場の95%を占めるルームエアコン(RA)のシェアは韓国のLG電子とサムスン電子が計4割で、ダイキンは約1%しかなかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内