有料会員限定

「読解力不足ではAI時代に勝てない」 Interview │新井紀子 国立情報学研究所教授

印刷
A
A

『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の著者・新井紀子氏に、AIをめぐる世界の状況と読解力の重要性を聞いた。

あらい・のりこ●一橋大学法学部および米イリノイ大学数学科卒業、イリノイ大学5年一貫制大学院数学研究科単位取得退学。東京工業大学で博士号を取得。「教育のための科学研究所」代表理事・所長も務める。(撮影:今井康一)

特集「AI時代に勝つ子・負ける子」の他の記事を読む

AI vs. 教科書が読めない子どもたち
AIは意味を理解しない。だからこそ人の持つ読解力が重要だと説く。発行部数は20万部(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

──フランスのAIサミットから戻ったばかりですね。

3月下旬に世界のAIの専門家がパリに集まり、マクロン大統領と意見を交わしました。今回、フランスはAI分野への大規模な投資を発表しています。私が呼ばれたのは、日本でほかの方とは違う立ち位置だったからだと思います。

──その違いとは?

(第3次ブームで)日本国内では、米国や中国に負けずにAIへ投資すべきだという議論ばかりでした。そうした中、私はAIが及ぼす社会的な影響について強い関心を持っていました。

日本はものづくりの国で、多くの企業が消費者に対して製造物責任を負っています。そこで使うAIが、フェイスブックなど無償サービスを効率化するためのものと同じ精度でいいはずがありません。AIというものはどこまで信頼しうるツールなのか、という問題意識がありました。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内