有料会員限定

AI時代に必須の能力、達人はこう見る 3人の専門家にインタビュー

印刷
A
A

デジタル化がいっそう進む中、子どものうちからどんな能力を磨けばいいのか。専門家に聞いた。

(聞き手・本誌:井下健悟、林 哲矢)

「なぜ?」と自分の頭で考える習慣をつける

メタデータ社長・理学博士 野村直之

のむら・なおゆき●1984年東大工学部卒。2002年理学博士号取得(九州大学)。リコー勤務などを経て05年メタデータ創業。近著に『最強のAI活用術』『人工知能が変える仕事の未来』。

今はAIとは何かを正しく理解せず、タイトルに「AI」という言葉を入れた本があふれている。極端な例だが、複数の人から「AIで何でもできるんですよね。株取引の必勝ツールを作って、自分だけに売ってくれませんか」と言われたことがある。仮にそれが可能だとして、お客さんに売る道理があるだろうか。論理的な思考能力やバランス感覚の欠如が疑われる。

人にとってAIは道具でしかない。たとえば、高さ6メートルの木の上に実がなっているとしよう。人が腕を伸ばしても実は取れないが、5メートルの棒を使えば簡単に実を枝から落とせる。AIは人の腕より優れた棒と同じ。だから、「AIが人の能力をいつ超えるか」という問いを立てること自体が無意味なのだ。

目標を設定して考え出す

自意識を持って「なぜ」と考えたり、人を説得できたりするコンピュータは、今世紀中に出てくる見込みはない。だからこそ、「なぜ」と考える習慣を子どものときから身に付けさせることが重要になる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内