いつの間にかゲーム屋、それもなんか面白い--南場智子 ディー・エヌ・エー社長[上]


 高校までを過ごした新潟。180センチメートル超の堂々たる体躯を持つ父は、ガソリン卸会社の経営者だった。「女に教育はいらない」が持論である。南場の役割は靴磨きに腰もみ、正座してのお酌。家のことはすべて父が決める。「自転車買ってください」「だめだ」。以上、問答無用。

とりわけ午後6時の門限は厳しかった。「模試で遅れます」「模試なんか必要ない」。水泳部の練習で帰り時間がわからないと言えば、「そんな部はやめてしまえ」。退部した。

ある夜、父は寝たものと思い、たまりにたまった憤懣(ふんまん)を母にぶつけたら、奥から出てきてぶん殴られた。

「窮屈なんてもんじゃない。とにかく恐怖」。と言いつつ、高校生の南場も懲りない。門限を過ぎると、父は7時にまず校長、8時に県警に電話する。うその上塗りがばれて、万事休す、の修羅場もあった。

とにかく自由になりたい、思いどおりに生きたい。人一倍強く思った。大学は、女子大で寮があるのを盾に父を説得し、東京の津田塾大学へ進んだ。やっと自由を手にしたはずなのに、裏で父が大学と連絡を取っているのではないか、見張られているのではないか、と強迫観念は消えなかった。サークルに入るでもなく、「誰かと友達になりたいって気持ちも、あんまなかった」。

その代わりバイトに精を出す。家庭教師に通訳、翻訳など短時間で割のいいバイト。アメリカに行きたい。学年で一人選抜される米ブリンマー大との交換留学制度で、落ちたら自費で、と考えた。結果は合格。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。