いつの間にかゲーム屋、それもなんか面白い--南場智子 ディー・エヌ・エー社長[上]

いつの間にかゲーム屋、それもなんか面白い--南場智子 ディー・エヌ・エー社長[上]

西新宿の高層ビル最上階二ホールをぶち抜いて、ディー・エヌ・エーの就職説明会が始まった。緊張でこわばった空気を、司会者の威勢のいい開会宣言が突き破る。

その瞬間、後ろのほうから小気味いい声が飛んできた。「おいっす!」。ブーツに花柄ワンピース姿の南場智子である。最後列に荷物を下ろすと、早足でつかつか前へ歩み出た。「こんちはー。お集まりいただき、あざーす」。そこから2時間弱、南場の独演会が始まった。

「どんなにデカくなってもディー・エヌ・エーは成長を好むチーム。右肩上がりが大好きであります」

「2014年までにビヨンド・グーグル! あ、失笑? でもインターネットの世界で日本の会社は一つも1位になってない。ねえ、悔しくない、みんな。ディー・エヌ・エーがピカピカの成功事例を作る」

マイク片手に聴衆の間を歩き回り、時にちゃかして笑いを取る。

「私の一番のCSRは、ディー・エヌ・エーを成功させて、世界一になることと思ってる」

聴衆から「創業期はどうでした」と質問が出た。「4年間、赤字ぶっこきまくってた」。マイクを握ったまま、質問者の真ん前に行くと、射抜くように相手の目を見据えた。

「七転八倒、のた打ち回った揚げ句の成功体験で、人は成長する。それが、私自身が感じたこと。人の成長が組織の成長なんだよ」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT