いつの間にかゲーム屋、それもなんか面白い--南場智子 ディー・エヌ・エー社長[上]

いつの間にかゲーム屋、それもなんか面白い--南場智子 ディー・エヌ・エー社長[上]

西新宿の高層ビル最上階二ホールをぶち抜いて、ディー・エヌ・エーの就職説明会が始まった。緊張でこわばった空気を、司会者の威勢のいい開会宣言が突き破る。

その瞬間、後ろのほうから小気味いい声が飛んできた。「おいっす!」。ブーツに花柄ワンピース姿の南場智子である。最後列に荷物を下ろすと、早足でつかつか前へ歩み出た。「こんちはー。お集まりいただき、あざーす」。そこから2時間弱、南場の独演会が始まった。

「どんなにデカくなってもディー・エヌ・エーは成長を好むチーム。右肩上がりが大好きであります」

「2014年までにビヨンド・グーグル! あ、失笑? でもインターネットの世界で日本の会社は一つも1位になってない。ねえ、悔しくない、みんな。ディー・エヌ・エーがピカピカの成功事例を作る」

マイク片手に聴衆の間を歩き回り、時にちゃかして笑いを取る。

「私の一番のCSRは、ディー・エヌ・エーを成功させて、世界一になることと思ってる」

聴衆から「創業期はどうでした」と質問が出た。「4年間、赤字ぶっこきまくってた」。マイクを握ったまま、質問者の真ん前に行くと、射抜くように相手の目を見据えた。

「七転八倒、のた打ち回った揚げ句の成功体験で、人は成長する。それが、私自身が感じたこと。人の成長が組織の成長なんだよ」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。