いつの間にかゲーム屋、それもなんか面白い--南場智子 ディー・エヌ・エー社長[上]


 12年前、3人で始めたディー・エヌ・エーは、現在870人。ネットオークション「ビッダーズ」から出発し、携帯電話向けオークション「モバオク」、ゲーム中心のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS、ユーザー同士の交流サイト)「モバゲータウン(モバゲー)」を展開。そして会員数2200万人突破の起爆剤となったのが、『怪盗ロワイヤル』などのソーシャルゲーム(交流機能を持つゲーム)である。

2~3年ごとに会社の顔を目まぐるしく変えながら、11年3月期は予想売上高1130億円、経常利益520億円(ともに前期比倍増)と、今や堂々たる高収益企業だ。

南場にすれば、現在の収益は通過点でしかない。10年10月、米国のスマートフォン向けゲーム開発・サイト運営会社エヌジーモコを買収した。買収金額342億円。次の主戦場、スマートフォン向けゲーム市場での覇権確立のための布石である。

ディー・エヌ・エーの株式時価総額は4500億円。在京テレビ局などとうに抜き去り、「いずれ4兆円の会社になる」と、はるか彼方を見つめる南場。その原点は創業期の「七転八倒」の大失敗であり、それを乗り越えた「人の成長」だ。だから、人の採用は真剣勝負なのである。

就職説明会に来た学生は、南場の鋭利な目、その疾走感に頭の中をかき回されたはずだ。会場を出る時にはおそらく全員が、挑戦すべきか退散すべきか、態度を決めている。それこそ南場の望むところだ。

組織の強さは人の強さ。学生と真っすぐ向き合うその目に、南場智子という人の今が凝縮されている。

厳しい父との葛藤 和解までの長い時間

会社を背負う者の使命というよりは、純粋に自身の奥底からあふれ出すような、壁を突破していくこと自体が面白くてたまらないというような、南場のエネルギー。それを培養したのは、窮屈な子供時代だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT