有料会員限定

人生100年時代 日本人の生き方 リンダ・グラットン、ビル・エモット対談[拡大版]

印刷
A
A

高齢化する日本の課題とは何か。英国の知性2人が語り合った。1人は『ライフ・シフト』(東洋経済新報社)で人生100年時代の戦略を描き、日本政府にも助言するリンダ・グラットン英ロンドン・ビジネススクール教授。もう1人は、『「西洋」の終わり』(日本経済新聞出版社)で自由主義社会の危機に警鐘を鳴らす、英『エコノミスト』の元編集長、ビル・エモット氏だ。

*これは週刊東洋経済2017年12月30日-18年1月6日合併号に収録した対談の拡大版です。

(撮影:尾形文繁)

特集「2018大予測」の他の記事を読む

司会:東洋英和女学院大学客員教授・中岡望

構成:ジャーナリスト・長谷川高宏

 

――「高齢化」がお2人の著作に共通するテーマです。お2人の発言や著作からは、高齢化について、エモットさんは悲観的、グラットンさんは前向きにとらえているような印象を受けました。

グラットン 性格の違いかしら(笑)。

エモット 私は悲観的ではないと思いますよ(笑)。私が悲観的に見ているのは、われわれの社会が変化に対応していく能力についてだ。高齢化に関しては、もっと楽観的で前向きになるべきだ。高齢化は財政やおカネの問題だけではない。人生が長くなることで、これまでなかったようなチャンスが出てくる。日本は65歳以上の労働参加率が世界で最も高く、これはポジティブにとらえていい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内