有料会員限定

これまでの働き方は崩壊 企業は大変革を迫られる Special 対談|リンダ・グラットン×ビル・エモット

印刷
A
A

高齢化する日本の課題とは何か、英国の知性二人が語り合った。一人は『ライフ・シフト』で人生100年時代の戦略を描き、日本政府にも助言するリンダ・グラットン英ロンドン・ビジネススクール教授。もう一人は『「西洋」の終わり』で自由主義社会の危機に警鐘を鳴らす英『エコノミスト』の元編集長、ビル・エモット氏だ。

(撮影:尾形文繁)

特集「2018大予測」の他の記事を読む

──高齢化が、お二人の著書に共通するテーマです。高齢化について悲観的になるべきでしょうか?

エモット 高齢化は財政やおカネの問題だけではない。人生が長くなることで、これまでなかったようなチャンスが出てくる。日本は65歳以上の労働参加率が世界で最も高く、これはポジティブだ。

グラットン 100年時代の人生に人々が悲観的になるのは、60歳までは健康でいられたとしても、その先の40年は病気を抱えて生きる、といったイメージを持つから。でも、それは現実とは違う。長寿化した人生で、もっと多くのことをする機会が与えられている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内