有料会員限定

「“ポスト真実"の時代に 日本も対策を急ぐべき」 Special Interview|ジャーナリスト 津田大介

印刷
A
A

米国トランプ政権の誕生とともに世界を震撼させた現象に「フェイクニュース」(偽のニュース)がある。トランプ大統領は気に入らない報道を「フェイクニュース」と決めつける一方で、自らもツイッターを駆使してフェイクニュースを発信している。こうした現象に、「ポスト真実の時代」だとして警鐘を鳴らしている津田大介氏に話を聞いた。

つだ・だいすけ●1973年生まれ。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットビジネスなどを専門に執筆活動を行い、大学でも教鞭を執る。ソーシャルメディアで新しいジャーナリズムを実践。(撮影:谷川真紀子)

特集「2018大予測」の他の記事を読む

──トランプ政権のロシアとの癒着疑惑、いわゆる「ロシアゲート」では、大統領選挙でトランプ氏を後押しするため、ロシア政府が組織的にSNSでフェイクニュースを流布したとされています。

フェイクニュースは組織的に流されるものと、個人による拡散の組み合わせ。三つのタイプがある。

第一に政治的な目的を達成するためなら何でもやるという人たち。

第二に扇情的な情報や見出しをシェアしたり、偏った情報をリツイートしたりする愉快犯や普通の人たち。これは人間の習性ともいえるので、防ぐことは難しい。

第三のタイプはおカネ儲けが目的の人たち。まとめサイトやトレンドブログで集客し広告料金を稼ぐ。トランプを支援するフェイクニュースを作って拡散したマケドニアの少年たちがまさにそうで、多額の広告費が流れていたことがわかっている。思想も何もなく、引っ掛かった人たちをバカにしながら小遣い稼ぎをしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内