有料会員限定

南シナ海の行動規範承認 習政権の思惑透ける

印刷
A
A

中国とASEANは南シナ海問題の紛争防止へ「行動規範」の枠組みを承認した。ただ、中国側の譲歩には内政重視のしたたかな思惑が透ける。

行動規範の承認を受け、ASEAN地域フォーラム閣僚会議で記者団の取材に応じる中国の王毅外相(AP/アフロ)

8月6日、中国とASEAN(東南アジア諸国連合)は、マニラで外相会議を開き、南シナ海の紛争防止を目的とする「行動規範」の枠組みを承認した。

しかし、元来、中国は多国間枠組みである「行動規範」の策定には消極的であった。領土問題は、二国間で解決すべきだと主張していたのである。

その中国が「行動規範」の策定に積極的な姿勢を示したのは、2016年7月12日に国際仲裁裁判所が、南シナ海における中国の権利をほぼ全面的に否定する司法判断を下した直後である。同月25日、「行動規範」の策定を17年上半期までに完了するという目標を、中国からASEANに提案した。

中国は、国際社会の中で悪者にされるくらいであれば、中国とASEANを「(南シナ海)周辺国」として、米国を含まない小さな単位に関係者を限定したほうがよいと判断したのだ。早急に領土紛争などの当事者の合意を取り付け、米国の影響を排除する狙いである。

日本や米国、さらには英国などの欧州諸国が認識するように、中国の南シナ海における人工島建設やその軍事拠点化を、地域の問題ではなく国際社会の問題として位置づけると、中国が「国際秩序への挑戦者」にされてしまう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内