有料会員限定

国際主義への反逆で揺らぐ世界秩序 [INTERVIEW]久保文明・東大教授

印刷
A
A

米国政治に詳しい久保文明・東京大学教授に、トランプ米政権に対する評価と今後の展望を聞いた。

くぼ・ふみあき●1956年生まれ。79年東京大学法学部卒業。筑波大学助教授、慶応義塾大学教授などを経て2003年から現職。専門は米国政治。著書に『現代アメリカ政治と公共利益』『アジア回帰するアメリカ』(編著)など。(撮影:今井康一)

特集「不安定化する世界」の他の記事を読む

──ロシア疑惑などでトランプ政権に対する批判が高まっています。トランプ大統領の問題点は?

トランプ氏は三つの「I」に基づいて政策を決める傾向がある。intuition(直観)、impulse(衝動)、ignorance(無知)の三つだ。ヤマ勘とその時々の気分で、影響を十分に考えず何も知らないまま政策を決定しているおそれがある。トランプ氏には、大統領としての資質の部分で危うさを感じる。

──トランプ氏は大統領就任から4カ月経ちました。その評価は?

大統領に就任してしばらく経てば勉強して変わってくれるだろうという願望が共和党にはあったが、見事に外れた。政策のディテールについて勉強する意欲は欠如したままだし、言わなくていいことまで言わないと気が済まない性格は変わっていない。今後もおそらく変わらないだろう。

──ロシア疑惑はどこまで深まるのでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内